高齢者向け弁当配食で起業するならニコニコキッチン

収益シミュレーション

配食サービスの特長は、一般的な飲食業に比べて、固定費がかかりにくいことです。
宅配のため、一等地を用意する必要はなく、内外装等の初期投資も比較的安価で済みます。
一方で、高齢者の方が口にする食材に関しては、安心安全に気を配った良いものを提供するため、厳選しています。

収益例1 ニコニコキッチン城東鶴見店

sample オーナー名 水江 信夫(43歳) 経験
前職 物流営業 ニコニコキッチンのフランチャイズに加盟される前は、大手物流会社のドライバーとして活躍されていました。偶然手にしたアントレで元上司のハツラツとした姿を見つけ、この事業を知りました。配食サービスや高齢者ビジネスの経験はありません。
オープン 9か月
人員規模 オーナー1名、アルバイト7名
店舗の広さ 15坪
顧客層 75歳前後

■販売一般管理費内訳:

・家賃 ¥112,000 ・燃料費 ¥24,251
・雑給 ¥261,870 ・車両費 ¥0
・広告宣伝費 ¥21,105 ・通信費 ¥16,090
・ロイヤルティ ¥72,236 ・保険料 ¥7,000
・水道光熱費 ¥61,173 ・その他経費 ¥183,184

収益例2 ニコニコキッチンさいたま浦和店2

sample2 オーナー名 黒瀬 二郎(40歳) 経験
前職 鉄鋼流通業営業職 ニコニコキッチンのフランチャイズに加盟される前は、鉄鋼流通業で営業をされていました。配食サービスはもちろん、高齢者ビジネスの経験もない状態からのスタートでした。
オープン 56ヶ月
人員規模 オーナー1名、アルバイト8名
店舗の広さ 13坪
顧客層 高齢者(75歳前後)

■販売一般管理費内訳:

・家賃 ¥105,000 ・燃料費 ¥60,000
・雑給 ¥800,000 ・車両費 ¥10,000
・広告宣伝費 ¥0 ・通信費 ¥25,000
・ロイヤルティ ¥175,917 ・保険料 ¥20,000
・水道光熱費 ¥70,000 ・その他経費 ¥100,000

ここに掲載している情報はとある月の実績値です。
もっと好調な例や、まだこれからの例なども、ご提供することが可能です。

また、配食サービスのより詳しい収益構造や、利益の生み出し方等の情報もお伝えできます。
ご興味のある方は、まず下記リンクより資料請求をお願いいたします。

資料請求

お問い合わせ